2012年01月06日

姿勢が今後を左右する

姿勢が重要だということは常々お話していますが、

危険な状態だと気付かずに過ごされている方が

本当に多いなと最近とても思います。

お正月、普段会わない親戚や友達と会う機会があり、

仕事柄身体の話になり、皆様の状態をみせて頂きました。

多くの方が何らかの症状を抱え、

違和感を感じつつも、対処法が解らず、

特に対処せず過ごされています。

姿勢が悪く、負担のかかっているところが硬くなり、

きっかけがあればいつ痛みが出るようになっても

おかしくない状態になっており、

ひどい方だと姿勢が悪くなっていることにより、

自律神経系の症状(頭痛・胸焼け・胃痛・めまい・吐き気・うつなど)

まで出るようになってしまっている方のいらっしゃいます。

これは特別私がみた方達の状態が悪いのではなく、

皆様にも言えることなのです。

年齢も関係ありません。

5歳の子供でも姿勢は悪くなっており、

小さい頃から正しい姿勢を身につけていくことはとても重要です。

昨日、20代の親戚の男の子が当院に来てくれました。

お正月に身体をみて、お話しさせて頂いて、

本人も気になる点があった為、来院されたそうです。

身体をみながらお話をさせて頂き、

かなりの歪みがあった為、なんでこのような姿勢になるか

説明したところ、理解して頂き、

指導したことを頑張って行うとおっしゃっていました。

「なぜこうなっているか」ということが解っていれば、

そうならないように対処していけば良くなります。

難しいことではありません。

皆様も何らかの不安をお持ちでしたら

是非当院にいてお話しいただけたらと思います。

姿勢が変われば未来は変わる。

楽しく健康に美しく過ごすために、

少し意識を変えてみませんか?  


Posted by hana00 at 10:08Comments(0)からだ